FC2ブログ

OKIRAKUともみゆ

TOMOとMIYUの気楽で喜楽な道中記。住友林業のBF工法で建てた家に暮らす日々のこと、愛猫れもんのことを綴っていきます。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

今週の映画鑑賞(2020.01.12)


前作は観たのですが、映画館で鑑賞しなくても良いかな?と思っていたところ。
映像が凝っているから、映画館で観たほうが良いと勧められて、観に行きました。
はい。勧めてくれて、ありがとうございます。
ストーリーのほうも、王道展開で、すんなりと楽しめました。
先住民族のリーダーの女性と、アレンデール国の軍人の中尉が、いがみ合いつつも、仲が良いのが、微笑ましかったです。
この2人がいたから、霧の奥に閉じ込められた人達は、30数年間、争いつつも、何かあれば助け合って生きてきたんだろうと思えたので、ストーリーにムリを感じることなく観ていられました。
意外なところに、非道な悪人が存在していたので、納得の出来るストーリー展開でした。
総てが上手くいって、最後まで観ていて、面白かったです。








スポンサーサイト



【 2020/01/21 (Tue) 】 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

今週の映画鑑賞(2020.01.01)


賛否両論、長年のファンの方には、いろいろと感想があると思います。
わたしとしては、難解なストーリー展開ではなく、すんなりと話しが進んでいくので、観ていて気楽に楽しめました。
それでいて、これまでの9作分を、サックリと、キレイに纏めていたのではと思います。
アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに堕ちたのは、必然であり、必要だったのではないか。
己の暗黒面を知り、克つことが、重要だったのでは。
そこまで到達できないと悟ってしまったから、ルーク・スカイウォーカーは引きこもっていたのではないかとか。
いろいろ考えると、改めて、1作目から観たくなります。
スター・ウォーズは、遙か彼方、とある銀河系の壮大な歴史の一端の、再現ドラマのようだと思います。
テレビ番組のそれはスケールこそ小さいものの、エジプトのファラオについての独自解釈を再現ドラマにしたような。
だから、映像化されているものが総てではなく、そこから、様々な物語を想像する。
そういう面白さを、いつまでも飽きさせることない、この映画で観ることができたと思います。





にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
【 2020/01/09 (Thu) 】 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

2019年 映画鑑賞のまとめ

2019年に鑑賞した、映画のまとめです。
感想は、映画のタイトルにリンクを貼っている、それぞれのページに記してあります。

現在、まるっきり感想を書いていないです。
なので、今は、鑑賞の記録のみとなっています。


movie_01.jpg


38. HUMAN LOST 人間失格  movie_19_01.jpg
37. エンド・オブ・ステイツ  movie_19_04.jpg
36, ターミネーター:ニュー・フェイト  movie_19_02.jpg
35. ジェミニマン  movie_19_03.jpg
34. フッド・ザ・ビギニング  movie_19_04.jpg
33. マレフィセント2  movie_19_03.jpg
32. ジョーカー    movie_19_04.jpg
31. アド・アストラ  movie_19_04.jpg
30. 引っ越し大名!  movie_19_04.jpg
29. トールキン 旅の始まり  movie_19_03.jpg
28. アルキメデスの大戦  movie_19_04.jpg
27. ワイルド・スピード/スーパーコンボ  movie_19_04.jpg
26. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム  movie_19_03.jpg
25. ザ・ファブル  movie_19_04.jpg
24. X-MEN ダーク・フェニックス  movie_19_03.jpg
23. メン・イン・ブラック:インターナショナル  movie_19_04.jpg
22. ゴジラ キング・オブ・モンスターズ  movie_19_04.jpg 
21. プロメア    movie_19_05.jpg
20. レプリカズ    movie_19_04.jpg
19. オーヴァーロード    movie_19_04.jpg
18. アベンジャーズ・エンドゲーム  movie_19_05.jpg
17. シャザム!  movie_19_04.jpg
16. キャプテン・マーベル  movie_19_04.jpg
15. PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」  movie_19_04.jpg
14. グリーン・ブック  movie_19_05.jpg
13. 移動都市 モータル・エンジン  movie_19_05.jpg
12. アリータ バトル・エンジェル  movie_19_02.jpg
11. サムライ・マラソン  movie_19_02.jpg
10. PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2「First Guardian」  movie_19_04.jpg
9.  アクアマン  movie_19_04.jpg
8.  ファーストマン  movie_19_04.jpg
7.  フロントランナー  movie_19_02.jpg
6.  PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」  movie_19_04.jpg
5,  TAXi ダイヤモンド・ミッション  movie_19_02.jpg
4.  Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly  movie_19_03.jpg
3.  クリード 炎の宿敵  movie_19_05.jpg
2.  ワイルド・ストーム  movie_19_04.jpg
1.  こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話  movie_19_04.jpg

【 2019/12/31 (Tue) 】 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

今週の映画鑑賞(190601)

06月01日、シネプレックス幕張で鑑賞。

m190601.jpg

ゴジラ キング・オブ・モンスター(字幕)

予告の映像を見て。
人類が(ゴジラの)ペットになるのです。
って、言っちゃったよ。イッちゃってるね、芹沢博士。
と思って、ここで期待していたのですが。
その期待通りに、面白かったです。
前作では、日本のゴジラ映画が、ムリヤリにハリウッドで制作された感が満載で。
面白かったのは、自前で、当てレコしてみたことだけ。
今作では、ハリウッド映画の様式美に、ゴジラが見事に融合していたと思います。
なんというか。
イエーガーの出てこない、パシフィック・リムのような。
アベンジャーズの出てこない、マーベル映画のような。
よかれと思って、とんでもな行動に出た博士。
トラウマから立ち直ろうとしたのに、思うようにいかなくて、一線を退いていた専門家が呼ばれ。
極端な思想をもったテロリストの行動が、思わぬ事態へと展開していって。
重要人物の自己犠牲によって、起死回生のチャンスが巡ってきて。
そして、ストーリーの展開に、家族の絆の物語が盛り込まれ。
特務機関モナークの、科学技術力や、軍事力も、目を見張るものがあって。
という、ハリウッド映画のお約束な展開を盛り上げて、ゴジラや、怪獣が大暴れしているのです。
監督がこだわっただけに、ゴジラだけでなく、それぞれの怪獣の姿によって、ストーリーに迫力が増しています。
ようやく、これぞハリウッド版ゴジラだ、と言えるのではないかという、見応えのある面白さでした。




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
【 2019/06/01 (Sat) 】 映画の感想 | TB(0) | CM(0)

今週の映画鑑賞(20190525)

05月25日、シネプレックス幕張で鑑賞。

m190525.jpg


プロメア


これぞ、様式美ですね。
お約束の設定に展開、だからこそ、面白かった!
何事にも突っ走る熱い脳筋おバカと、仲間のために戦うテロリストのボスであるクールビューティ。
正反対の立ち位置に、性格も真逆のようでいて、目指すものは、ただ1つという共通点がある2人。
ラスボスも、お決まりの立ち位置で。
多分、こいつがワルだな。
と思わせても、何をやろうとしているのか、期待感を抱かせてくれる。
脳筋おバカはなにも考えていないようでいて、最善を尽くそうとする。
クールビューティは、仲間のために激怒して、我を失うこともある。
でも、2人は自分たちがなにをすべきか選び取って、戦っていく。
ほとんど、力業で何もかも解決していくような。
なぜ、自分たちなのか?
という疑問に、たまたまそこにいたから、と真面目に返される。
そう、それが、運命というものです。
カラフルなプロメアの世界観で、次が、どういう展開になっていくのか、楽しめました。
メカの動きも、格好良かった。




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村

【 2019/05/29 (Wed) 】 映画の感想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

TOMOtoMIYU

TOMO
星座:うお座
属性:洋楽好きのゲーマー

MIYU
星座:おとめ座
属性:ヘタの横好きの文章書き


この春、我が家に猫を迎えることにしました。

お知らせ
Blue Glacier

こちらは、MIYUの
映画感想(他)のサイトです。
いずれ、倉庫化します。
お気に入り
カウンター