FC2ブログ

OKIRAKUともみゆ

TOMOとMIYUの気楽で喜楽な道中記。住友林業のBF工法で建てた家に暮らす日々のこと、愛猫れもんのことを綴っていきます。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

web内覧会(家具なし) ― 天井に宇宙が広がっている!?寝室篇

いよいよ、最終回となりました。

―― OKIRAKU邸 ―― web内覧会

締めくくりに相応しく?一風変わった寝室です。


2階の廊下の奥、FISの開き戸です。

121016_01.jpg


ドアを開けます。

121016_02.jpg

寝室も、床は明るい色のクリアくりなのに、幅木はミディアムオークです。


中へ入って振り向いたところ。

121016_03.jpg


下屋の屋根の関係で、窓の位置が高いです。

121016_05.jpg

設計士のUさんのはからいで、クレセント錠の位置が下にあるので。
手を伸ばさずに、楽に、ドアの開け閉めが出来ます。


窓の位置が高いので、陽射しが、部屋の中央に入ります。

121016_06.jpg


天井は、思い切って、黒っぽいクロスにしました。

121016_12.jpg


生産のN木さんの話しでは。
クロスを貼った作業の方が、こういうクロスも良いな、と言っていたそうです。

ICのHさんは。
宇宙空間が広がっている、と思ったとか。

わたしは。
煙探知機が取り付けられたのを見て。
星が1つ増えてる!と思って、嬉しくなりました。

照明が、TUKI(月)というタイトルなので。
月と、星です!

天井のイメージは。
曇りがちな夜空の切れ間に、月が出ていて、星が1つだけ照らされている。
というところですね。

照明を点けると、こんな感じです。

121016_13.jpg


カーテンレールは、シルバーにしました。

121016_04.jpg


南側の窓は、透明ガラスですが。

121016_07.jpg

西側の窓は、型ガラスです。
この窓は、夏の夜、窓を開けたまま寝るためのものです。

隣の書斎にも、同じく、縦スリットの窓があるので。
そちらも開けたままにしておけば、風の通りがよいことでしょう。

121016_08.jpg

書斎のドアが、2つ並んでいます。
このドアもFISなので、開けたままにしておくと、いくらか広く感じます。

121016_09.jpg


クローゼットのドアも、FISです。

121016_10.jpg


3枚の引き違い開き戸なので、大きく開いて、中の荷物の整理が出来ます。

121016_11.jpg

ハンガーを掛けるポールが長いので、今までなら、補強のため上の棚から吊るところですが。
N木さんのオススメ、床についた支柱で支える方式を選びました。
上から吊す方式だと、棚がたわんでしまう可能性があるそうです。
ポールに何もモノが下がっていなければ、支柱は簡単に位置を移すことが出来ます。


以上。
天井が黒くて、書斎があるためドアだらけ、という以外は。
ごくごく普通の寝室でした。




この部屋で使っている部材について記しておきます。

天井のクロス
LW7730

照明
AHN 636 318



by MIYU


最後まで、長々とありがとうございました。
ぽちっ、として頂きましたら、家具ありの内覧会も行きたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



web内覧会(家具なし) ― 2つの書斎篇

残すところ、わずかとなりました。

―― OKIRAKU邸 ―― web内覧会

今回は、2つある書斎です。


書斎は、寝室から入るようになっています。

121011_01.jpg


どちらか片側のドアを開けます。

121011_03.jpg  121011_02.jpg

両方の扉を開けます。

121011_04.jpg


正面の、アクセントクロスの色が違います。


右側が、TOMO君の書斎。

121011_05.jpg


左側が、わたしの書斎。

121011_06.jpg

違いは。
アクセントクロスの壁に、縦スリットの窓が、1つか、2つというところ。


隣の書斎へ行き来が出来るよう、内部にもドアがあります。

121011_11.jpg  121011_07.jpg


ドアを開きます。

121011_12.jpg  121011_08.jpg


2つの書斎の違いは。

TOMO君の書斎のほうには、腰窓があること。

121011_22.jpg


121011_23.jpg


わたしの書斎のほうは、壁が多くて大きい本棚を設置できます。

121011_13.jpg


121011_14.jpg


内部のドアの横にある壁。

121011_15.jpg

121011_16.jpg


下のほうには、それぞれ情報端末を設けてもらいました。

121011_17.jpg

121011_18.jpg

1枚の壁に、よくぞ押し込めたという感じです。


もう1つのコンセントは、他と違って、高い位置に設けてもらいました。

121011_20.jpg  121011_19.jpg

アクセントクロスが貼られている壁の前には机を置きます。

そうすると。

電源コード類の配線を組み替えるときに、机の下に潜り込むの大変だから。
コード類にホコリがたまってしまって、掃除をするのが面倒だから。


実家の、わたしの部屋。
テレビアンテナ、モジュラージャック、アース端子付き、四つ口コンセントに。

以前のことですが。
アンテナ、テレビ、ビデオデッキ、パソコン、モデム、プリンタ、FAX、電話線。
これらのコード類が集中しまして。
模様替えをしようと配線を組み直すときに……。
うきぃ~っっ!とヒステリーを起こすほどに、大変でした。


書斎ですからね、机の上にコード類が出ていても良いじゃないですか。

設計士のUさんも、使い勝手などを考えて、机の上にコンセントがくるようにするのは賛成してくれて。

今は、ロータイプの机を置くけど。
いつか模様替えをしたときに、普通の高さの机を置くことを前提にして、コンセントに位置を決めてくれました。


どのみち、タップを使いますけどね。

わたしの机に置く、パソコンと、周辺機器は、数が多いですから。
その辺のことは、家具ありの内覧会のときに。


照明ですが、こだわりました。

121011_21.jpg

ICのHさんの提案では、安価な丸いシーリングでした。

が。
書斎の天井には、四角いシーリングが良い!
と思って、こちらにしました。

狭い部屋なので、丸いシーリングにしてしまうと……。
余白の部分の形が、なんか、こう、気持ち悪いというか、なんというか。

TOMO君は、かくかくっ、とした形が、文具的で良いと言ってくれました。

実際に設置されてみると、やはり、四角で正解だったと思います。




この2つの書斎。
廊下側からも入れるようになっているのがベストなのかもしれませんが。
廊下がデッドスペースにならないよう、広い部屋に隣接させることを最初から要望していました。


それと。
書斎が2つあるのは。

諸事情により、もしも、寝室を分ける必要が出来たときに。
書斎を、それぞれの寝室にするためです。

要望の段階では、可動式の家具を置くことを考えていたのですが。
これが、お高くて……。

偶然にも、Uさんが、書斎を寝室に隣接させてくれたので。
寝室を分けることになったら、書斎を寝室に振り返れば良いじゃない。
ということになりまして、費用の削減にもなったし、とても有り難い間取りになりました。


書斎と呼んでいますが。

わたしにとっては、あれやこれやと荷物部屋に。
TOMO君には、休日のお昼寝部屋に。

それぞれの目的に合った、2つの書斎です。


エアコンを使っていないとき、夏は、寝室側のドアは開けたままですね。
夜、スリット窓を開けたままにしておくと、書斎側から、寝室側のスリット窓に風が抜けて。
涼しく寝られると思います。


以上、2つの書斎でした。




最後に、2つの書斎で使われている部材を記しておきます。

クロス
SR09037

アクセントクロス
グリーン
SR11014

ブルー
SR11016

照明
OL 211 586N



by MIYU



長々と、ありがとうございました。最後に、ぽちっ、とだけ、お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村



web内覧会 ― なにもない洋室篇

その部屋は、展示場に必ずある、打ち合わせをするために設けられた1室のよう。

―― OKIRAKU邸 ―― web内覧会

本日は、ロールスクリーンとカーテンレール以外は、なにもない洋室です。


2階の廊下、右側の手前の引戸。

121005_10.jpg


FISのドアを開けると、正面には縦スリットの窓が2つ。

121009_01.jpg


右側には、腰高の窓。

121009_02.jpg


カーテンレールだけで、窓の周りには、なにもありません。

121009_03.jpg


この洋室のドアは、引き込みではない、普通の引戸にしました。

121009_04.jpg

引戸にしたのは、開き戸だと室内にドアを引くことになるため。
ドアの側に家具を置くと、ドアが干渉するかもしれないということで。
TOMO君の要望でした。


少しでも広範囲を映そうとしたのですが。

121009_05.jpg


ムリでした。
せっかくなので、ロールスクリーンを下ろしてみました。

121009_06.jpg


ドアのほうも、同じように撮りました。

121009_07.jpg

ホントに、提案工事が1つもない部屋です。

ただし。
幅木の色が、普通とは少しだけ違っています。

最近の流行は、壁に合わせて白にする。
無難なのは、床材に合わせた色にする。

ですが。
床材が明るいクリアくりなのに、廊下と同じく、幅木をミディアムオークにしました。

好みによりますが。
これは、これで、面白い仕上がりになったと思います。


ドアを開けると。

121009_11.jpg

敷居は、ライトオークです。

設計士のUさんが。
建具ではなく、床材の色に合わせてくれました。
建具の色に合わせていたら、また、少し違った雰囲気になっていた?


こうして見ると、何もない部屋ですが。

実は。
ホントは……。

天井の一部が補強されています。
でも、追加の費用は発生していません。


映画を観るための部屋なので、いつか、スクリーンを下ろす予定です。
プロジェクターは、据え置き型ですね。

部屋を暗くして映画を観るだろうから、ということで。
縦スリットの窓にかけているロールスクリーンは、窓の幅に対して、少し広めになっています。
遮光タイプにすると金額がアップするので、その代りに、色の濃いモノを選びました。
ICのHさんの提案でした。


モノが入ったら、一番、カオスになるはずの部屋です。


照明は、こちら。

121009_08.jpg

側面の白いプラスチックの部分が、iMacのようだということで採用しました。


電気を点けました。

121009_09.jpg


部屋全体で見ると、面白いシーリングだと思います。

121009_10.jpg


以上、何もない洋室でした。




使っている部材は、こちら。

照明
ZZL96020

ロールスクリーン
OJT-9712-38 チェーン式



by MIYU



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

web内覧会(家具なし) ― 廊下・階段室篇

今度こそ、標準仕様の部屋シリーズをお送りします。

―― OKIRAKU邸 ―― web内覧会

廊下と階段。


きこりんで建てる家は、尺モジュールですが。
廊下の幅は変更してもらえるそうです。

わたしの実家はメーターモジュールで建てた家なので、廊下の幅が広いですが。

OKIRAKU邸は、尺モジュールの標準サイズ。
廊下も、階段も、やや狭いです。


玄関前の1畳ほどのスペースは、廊下にあたるのかもしれませんが。
玄関から和室へ上がる場所なので、小上がり的スペースとしておきます。


では、1階の廊下から。

121004_01.jpg

ダイニングキッチンから、階段へ向かう廊下。
ドアの背が高いため、見た感じは、それほど狭くないです。
普通に歩く分には、やはり、それほど狭くはないです。


以前、どこかの記事で。

121005_01.jpg

これ、なんでしょう?と書いたような覚えがありますが。
これだけで、判るはずがない。


クロスが貼られ、目的のモノが取り付けされた、現在の様子。

121005_02.jpg

ロールスクリーンを天井に埋め込むためのボックスでした。

121005_03.jpg

埋め込みボックスの追加の費用は、サイズによって変わってきますが。
尺モジュールの廊下幅サイズだと、千円単位です。
千円単位は切り捨てなので、タダになります。


設置の一番の目的は、空調を階段方面へ逃さないため。
どちらかのブロガーさんの記事を参考に、TOMO君が設置をお願いしました。


空調のためだけでなく、ある意味、間仕切りもしてくれています。

121005_04.jpg

階段のほうから、キッチンが丸見え。
ほとんど、自分達しか見ないとはいえ、気分的なもので間仕切りということに。


さて、階段ですが。

121005_05.jpg

照明の上のほうから、だら~ん、と下がってきているモノ。
これは、なにかというと。

121005_06.jpg

上のほうに設けられている、手が届かない窓を開け閉めするためのチェーンです。

どうして、こんなに高い位置に窓があるのかというと。
外観の、窓の位置を合わせるためだと思われます。

121005_07.jpg

右端が、階段の窓。
窓が一直線に並んでいる方が好きなので、これは、これで良いのですが。

……。
誰が、窓の掃除をするんだろう?
ダ ス キ ンに頼んだら、掃除してくれるかなぁ?


さらに、階段を上がっていきます。

121005_08.jpg

幕板が貼られていますが、打ち合わせのときに一言も説明がありませんでした。
でも……。
貼られて良かったかもしれない。
真っ白い壁だと、物足りないような。


階段を上がっていくと、窓が見えます。

121005_09.jpg

窓があるので、一瞬だけ、広がりを感じます。


2階の廊下です。

121005_10.jpg

1階の廊下と同様、ドアの背が高いので、それほど、狭いように見えませんが。
窓から明かりが入らないと、暗くて、狭いように感じたかも。


左側の白いドアは、収納。
収納のドアの奥が、トイレのドア。

右側は。
手前が洋室で、奥が寝室です。


寝室のドア側から見た廊下。

121005_11.jpg

白いドアにして、正解でした。
ミディアムオークのドアだったら、木質感はたっぷりだけど、さらに狭く感じていたかもしれない。


階段の前には。

121005_12.jpg

インターフォンと、フットライトがあります。

インターフォンは、もちろん、標準のモノ。


このフットライト。

121005_13.jpg

正式名称?は、LEDホーム保安灯、というもの。
ICのHさんの提案によるモノです。

停電時に、自動的に点灯。
取り外して、懐中電灯がわりになる優れもの。


今度は、階段を下りていきます。

121005_14.jpg


吹き抜けなどない家だと思っていましたが。
こんなところに、実は、吹き抜けがありました。

121005_15.jpg

先ほどの、高い位置にある窓です。


この、ぐるっと回って下りる場所。

121005_16.jpg

両側が壁で、さすがに、圧迫感を感じます。
頭上が吹き抜けで、窓があって良かったのかも。

でも……。
窓の位置、高いですね。

掃除……。




照明ですが。

121005_17.jpg

平らな壁用。


121005_19.jpg

コーナー用。

提案のモノは木の枠でしたが。
側面だけはガラスの、さり気ないモノに変更しました。


点灯すると、階段用の照明なので、上下を照らしてくれます。

121005_18.jpg

121005_20.jpg

階段の照明は、この2つと。
フットライトで、階段の踏み外し防止になっていて、安心です。




以上。
少しだけ狭い、サイズも仕様も標準の、廊下と階段でした。



最後に、使っている部材について。


階段笠木/手摺り
ラバーウッド ミディアムオーク

階段幕板
シート貼 ミディアムオーク

照明
1階
GBE 546 204

2階
GBE 546 205

LEDホーム保安灯
LBJ70981




by MIYU



今回も、長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。最後に、ぽちっ、とお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村

web内覧会(家具なし) ― 1階と2階のトイレ篇

そういえば。
クレストの手洗いボウル付きの収納って、標準品ではないですね。

―― OKIRAKU邸 ―― web内覧会

それでは、そういうことで。

今回は、準・標準仕様の。

1階と、2階のトイレへいきたいと思います。


準・標準仕様って……なんだよ。
という自前の突っ込みは、横に置いておいて。


1階と、2階、両方のトイレの内覧会を、一纏めにするのは。
使っている部材が、ほぼ全部、色違いなだけだからです。


では、1階のトイレから。

121004_01.jpg

階段の手前、FISの引戸がトイレのドアになります。
トイレのドアによくある、電気が点いているかどうか判る丸いのは、付けませんでした。


洗面脱衣所の内覧会のときに書き忘れましたが。
ドアの木目が横なので、とても気に入っています!


トイレのドアを開けて、右側。

121004_02.jpg

TOTOの、手摺り+棚付ペーパーホルダーです。標準品のモノを採用。


1階のトイレは階段下ですが、間取りのタブーとか、気にしないことにしました。
階段部分の出っ張りが、少しでも高い位置になるよう調整してくれてあるし。


便器は標準品で、TOTOのタンク付き・手洗い器なしにしました。

121004_03.jpg

その代わりに、クレストの手洗いボウル付の収納を設けてもらいましたが。
これ、水道工事が入るため、かなり追加費用がかかります。

収納力は、なかなか良さそう。家具ありの内覧会のときにお見せします。


便器の色は、パステルアイボリー。

床は、サニタリーフロアーのミディアムオーク。

121004_04.jpg

この写真だと、光の加減で少し判りにくいですが。

窓台と、床と、クレストの収納は、ミディアムオーク。

手摺り+棚付ペーパーホルダーは、ナチュラルウッドという色のモノ。
ミディアムオークと、ライトオークの中間ぐらい?の色です。
あまり、見た感じは変わらないですね。


121004_05.jpg

クレストの収納の横に、半分だけ映っていますが。

便器はTOTOを採用したのに。
タオル掛けは、INAXのモノです。これも、標準品。


この照明が、お気に入り。

121004_06.jpg

まるっ、とした形がカワイイ。


ICのHさんと、照明の打ち合わせのときに。

なかなか気に入ったものが見つからなくて、カタログを見ていて。
突然。
これ!と言ったら。

Hさんに。
きましたか!?と言われましたが。

きましたよ~。
クロスの組み合わせにピッタリで、カワイイじゃないですか!


さて。
それでは、2階のトイレへいきます。

121004_07.jpg

収納のドアの先にある、こちらはFISの開き戸が、トイレのドアです。
このドアも、照明が点いているかどうか判る丸いのは、付けませんでした。
ドアノブは、ハンドルが木になっているモノを採用。


ドアを開けて、右側。

121004_08.jpg

クレストの、手洗いボウル付きの収納です。

わたしが、実家では2階に洗面化粧台がある生活をしているので、こちらにも設置してもらいました。
2階のほうは、水圧の関係で、1階よりも工事費が少しだけ高いです。


こちらの便器も、標準品の、TOTOのタンク付き・手洗い器なしにしました。

121004_09.jpg

1階と、2階、両方とも、タンク付きにしたのは。
わたしが、タンクの丸みのあるフォルムを、こよなく愛しているからです!

トイレの打ち合わせが済むまで、ファミレスとか、店舗で、カワイイ形のタンク付き便器を見つけるたびに。
携帯で写真を撮ってましたから。

タンクにこだわって、標準以外のモノを採用しようと思いましたが。
タンクレスより金額が高くなるので、止めておきました。

このタンクも、カワイイ!


ちなみに。
タンクの形状を一言で表すなら。

TOTO:優美
INAX:無骨

それぞれのメーカーの成り立ちとも合っていて、なかなか面白いです。
便器について深い知識を持っている友人と、トイレについて語ったことがあります。


なかなかねぇ~。
このタンクの形も、カワイイじゃないですかぁ~!

おそらく。
タンク付きを採用した施主のなかで、これほど、タンクに愛着を持っている人はいないでしょう。


便器がTOTOなのに。

こちらも。
タオル掛けは、INAXの標準品のモノ。

そして、ペーパーホルダーも、INAXの標準品のモノです。


2階のトイレは、色関係が、いろいろあります。

便器の色は、ハーベストベージュ。

床の色は、サニタリーフロアのライトオーク。

121004_10.jpg

でも、ドアと、クレストの収納も、窓台も、幅木も、ミディアムオークです。

まぁ。
それでも、違和感はないでしょう。
クレストの手洗いボウル付き収納の、ボウルの色は白しかありません。


天井を見ると。

121004_11.jpg

窓の上に、カクカクとした出っ張りがあります。
なぜ、これがあるのか判りませんが。
なんだか形がカワイイので、気に入っています。


白い四角のフレームは、天井点検口。
照明の色と合わせたのか、なかなか良いではありませんか。

照明は、Hさん提案のモノを、そのまま採用しました。

121004_12.jpg

これは、これで、カワイイと思います。


1階、2階とも。
柄が入っている、アクセントクロスは。
便器の左右の壁のみ。

それ以外は、ドアの上、ほんの少しのところも、単色のクロスです。


ところで。
クレストの手洗いボウル付き収納の、水栓ですが。

121004_14.jpg

こういうのだと思っていたので、設置されたモノを見て、驚きました。

121004_13.jpg

クレストのカタログを見たら。
この、ボウルが丸くて深いタイプは、この水栓の形なんですね。

ボウルが浅くて薄いタイプもありますが、この深いタイプにして良かったと思います。
このほうが、ボウルに手を深く突っ込んで洗えます。


以上。
ほとんど標準品を採用した、1階と、2階のトイレでした。




最後に、使っている部材を記しておきます。

1階
ペーパーホルダー
TOTO 手摺り+棚付紙巻器 YHB50F ナチュラルウッド

タオルハンガー
INAX KF70D アイボリーホワイト

柄のクロス
SR09082

単色のクロス
SD0840

照明
DBK-36025


2階

ペーパーホルダー
CF-23D アイボリーホワイト

柄のクロス
SR09081

単色のクロス
SR11004

照明
ZZL-96013

1階/2階
手洗器
クレスト 手洗いカウンター XJCT-039 ミディアムオーク



by MIYU




長いトイレにお付き合い頂き、ありがとうございます。
最後に、水を流し、じゃなくて、ぽちぽちっ、とお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村
プロフィール

TOMOtoMIYU

TOMO
星座:うお座
属性:洋楽好きのゲーマー

MIYU
星座:おとめ座
属性:ヘタの横好きの文章書き


この春、我が家に猫を迎えることにしました。

お知らせ
Blue Glacier

こちらは、MIYUの
映画感想(他)のサイトです。
いずれ、倉庫化します。
お気に入り
カウンター