FC2ブログ

OKIRAKUともみゆ

TOMOとMIYUの気楽で喜楽な道中記。住友林業のBF工法で建てた家に暮らす日々のこと、愛猫れもんのことを綴っていきます。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007
月別アーカイブ  【 2019年06月 】 

今週の映画鑑賞(190601)

06月01日、シネプレックス幕張で鑑賞。

m190601.jpg

ゴジラ キング・オブ・モンスター(字幕)

予告の映像を見て。
人類が(ゴジラの)ペットになるのです。
って、言っちゃったよ。イッちゃってるね、芹沢博士。
と思って、ここで期待していたのですが。
その期待通りに、面白かったです。
前作では、日本のゴジラ映画が、ムリヤリにハリウッドで制作された感が満載で。
面白かったのは、自前で、当てレコしてみたことだけ。
今作では、ハリウッド映画の様式美に、ゴジラが見事に融合していたと思います。
なんというか。
イエーガーの出てこない、パシフィック・リムのような。
アベンジャーズの出てこない、マーベル映画のような。
よかれと思って、とんでもな行動に出た博士。
トラウマから立ち直ろうとしたのに、思うようにいかなくて、一線を退いていた専門家が呼ばれ。
極端な思想をもったテロリストの行動が、思わぬ事態へと展開していって。
重要人物の自己犠牲によって、起死回生のチャンスが巡ってきて。
そして、ストーリーの展開に、家族の絆の物語が盛り込まれ。
特務機関モナークの、科学技術力や、軍事力も、目を見張るものがあって。
という、ハリウッド映画のお約束な展開を盛り上げて、ゴジラや、怪獣が大暴れしているのです。
監督がこだわっただけに、ゴジラだけでなく、それぞれの怪獣の姿によって、ストーリーに迫力が増しています。
ようやく、これぞハリウッド版ゴジラだ、と言えるのではないかという、見応えのある面白さでした。




にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村




にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【 2019/06/01 (Sat) 】 映画の感想 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

TOMOtoMIYU

TOMO
星座:うお座
属性:洋楽好きのゲーマー

MIYU
星座:おとめ座
属性:ヘタの横好きの文章書き


この春、我が家に猫を迎えることにしました。

お知らせ
Blue Glacier

こちらは、MIYUの
映画感想(他)のサイトです。
いずれ、倉庫化します。
お気に入り
カウンター